カテゴリ:家族葬



お身内だけの小さな葬儀にする予定でも、お通夜のその日に思いがけぬ人数が参列する場合がよくあります。その原因となるのはただ一つだけ。「はっきりと断わる事ができなかった」からです。

家族葬が中心となっている現在、人に声を掛ける事が少なくなっているようです。もともと家族葬という名目で少人数の葬儀をしたいと考えている遺族は、なるべくご近所や友人に声を掛けないようにしています。

「家族葬という名前」実は確実な定義はありません。数年前、どこかの葬儀屋さんが家族だけで行う葬儀の事を家族葬と名前を付けたのが始まりと言われています。