お葬式お役立ち情報

COVID-19新型コロナウイルスの感染拡大防止に対する弊社の取りくみ、ガイドラインをご紹介いたします。どうぞご安心してご依頼下さい。

世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルス。ご葬儀を行うにあたり多くのご不安があると思います。ここでは皆様の疑問・質問を受け、現時点で出来る限りのお答えをさせて頂きました。

この本は日本在宅ホスピス協会会長で小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニック院長の小笠原 文雄先生の本です。今現在、苦しんでいる方がいらしたらこの本を手に取ってみることも良いのではないでしょうか。 病院で痛みで耐え苦しみながら亡くなる方が多い中、在宅で痛みを緩和しながら“ピンピンコロリ”で死ねる方は本当に幸せだと思います。

松原町コミュニティーセンターというのは昭島市民の方が小規模~中規模のご葬儀が出来る市営のコミュニティーセンターです。

葬儀社の比較、検討は大変良い事です。 葬儀費用の全体図がつかめる事もさることながら、いざという時の流れや、疑問点を葬儀社へ投げかける事により、良心的な葬儀社が見つかるからです。事前にお調べするにはとても有効です。

お客様からのお問合せで、お葬式をあげるのに最低の金額はいくらですか?と聞かれることが良くあります。 葬儀社『はい。〇〇万円です』 お客様『はい、そうですか』 ガチャ。。。ツーツーツー。 なんて話あるわけが・・・ないですよね。

葬儀社の霊安室は、自社所有のものとそうではないもの、又、面会を可能としている所と、そうでない所があります。「ご安置可能」としている葬儀社がほとんどですが、自社所有ではない葬儀社もたくさんあります。

直葬ばかりを請け負っている、(私たちの呼び名で)直葬屋というのが東京都内で数えただけでも、数えきれないほどあります。

足の悪い方が付添いをしている場合でも、申し出をして下されば、リフト付きの寝台自動車をご用意させて頂く事も可能です。 現代、90%以上のかたが、病院で最後を迎えます。

今回は死産の赤ちゃんについて具体的なお話をしたいと思います。残念ながら、先天性の病気で出産と同時に死産になってしまう赤ちゃんがいます。

さらに表示する